2016年02月29日

マタイ効果と牛乳


29a.jpg


29b.jpg


29c.jpg


29d.jpg
牛乳で成長が早まるというのは仮説の域だと思いますが…。
ちなみにコリン・キャンベル博士の調査によると、タンパク質の摂取量と身長には密接な関係があることは確からしいですが、
それは植物性たんぱく質でも同様で、動物性(牛乳)である必要はなさそうです。
posted by 製作者 at 23:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 日誌

2016年02月23日

マシュマロテストの再考察 その2


22a.jpg


22b.jpg


22c.jpg
プロ野球のデータは2015年の日本出身の支配下選手の人数です。
また、学業のデータは一橋大学大学院の川口大司教授の報告からです。
posted by 製作者 at 00:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 日誌

2016年02月15日

マシュマロテストの再考察


15a.jpg
1984について書こうと思いましたが、資料が手に入らなかったので…。

15b.jpg


15c.jpg


15d.jpg

前ふりだけで終わってしまうとは…。
posted by 製作者 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日誌

2016年02月10日

ペンとか文字についてのコメントの紹介


08a.jpg


有名な「ペンは剣より強し」の出典って
19世紀英国の政治家/作家リットン男爵が書いた
戯曲「リシュリュー」劇中での
リシュリュー枢機卿の台詞なんですね。
王権の強化に邁進するリシュリューに対して
武力で抗う者がいても
ペン=政治力でサラサラッと抹殺することができる
と言うリシュリューの勝利宣言。
今の、ペン=マスメディアみたいな風潮とは
真逆の意味で書かれた文章だった訳で
こんななじみ深い名言も「断章取義」によって
元と異なる姿に変えられていたのですね!

Posted by letraicy



08b.jpg


で、その力を手に入れるのが根の深い木なわけですか

Posted by クオ


(根の深い木は以前紹介した李氏朝鮮時代に世宗大王が
ハングル文字を作る戦いを描いた韓国ドラマです)
08c.jpg
気を付けます…。

posted by 製作者 at 00:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日誌

2016年02月02日

ペンは銃より強いのか? その2


剣じゃなくて銃なんですね。
どこかで誰かがアレンジしたのかな?

Posted by おひ☆



01a.jpg

01b.jpg


01c.jpg
識字率も自殺率もデータの取り方が国ごとに違うので、おおざっぱな散布図と思ってください。



01d.jpg
posted by 製作者 at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日誌

2016年01月26日

ペンは銃より強いのか?


25a.jpg



25b.jpg


25c.jpg


roots01.jpg
クンタ・キンテの娘キジーがこっそり覚えた文字を両親に披露すると…

roots02.jpg

roots04.jpg
母親がぶん殴る。
と言うのも、奴隷が文字を覚えることは禁じられていて、
白人にバレたらどんな仕打ちを受けるかわからないからだ。

25d.jpg
posted by 製作者 at 00:03| Comment(5) | TrackBack(0) | 日誌

2016年01月18日

火垂るの墓における断章取義 その2


18a.jpg


18b.jpg


18c.jpg
高畑監督のアニメ化がすでに断章取義な件。

posted by 製作者 at 23:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 日誌

2016年01月11日

火垂るの墓における断章取義


11a.jpg


11b.jpg
戦時中に家の人がみんな国のために働いてるのに
居候の身でありながら一銭も払わずにごろごろしてる主人公は逆にすごいんじゃないかと思えてきます。


11c.jpg


11d.jpg

今回は大いに遅れてしまい申し訳ないです。
一応続きます。
posted by 製作者 at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日誌

2016年01月05日

サル年です


04a.jpg

(クリスマスについて)
バーナード・ワイズマン伍長の命日です・・・
04b.jpg


今回少なくてすいません。
今年もよろしくお願いします。
posted by 製作者 at 00:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 日誌

2015年12月28日

だらだらと


28a.jpg


知恵と勇気は作者が知恵者でないと
面白くできないのが難しいところです。
だから知恵と勇気の物語を目指してるはずが、
敵が強いだけで脇が甘いマヌケになったり、
主人公を簡単に勝たせないように
味方陣営なのに感情で
足を引っ張る奴を出してみたり…
カタルシスからどんどん遠ざかってしまう。
本当に難しいですね。
そんな少年漫画の世界で料理対決物が
根強い人気を持っているのは
ハッタリだけで一発逆転にできる物語構造が
とても都合が良いからかもしれません。

Posted by letraicy


28d.jpg

知恵で力の差を埋める展開は私も好きです
どう考えても戦闘にはかかわらない部分が
逆転要素になったりするとかも好きですねー
(非戦闘員の生活の知恵が役立つみたいな)
Posted by DM


28b.jpg


hoshi.jpg
子供のまりつきから何かをヒントを得た飛雄馬。

hoshi02.jpg
子供からまりを強奪し…

hoshi03.jpg
延々とまりをつき続ける。
後の大リーグボール2号である。


28c.jpg
今井先生はほかにはみだし刑事や火災調査官紅蓮次郎などを手掛けたベテラン脚本家で
仮面ライダー剣のメインライターに決まった時は期待したんですが…、
という話も需要がなさそうだと思いました。
posted by 製作者 at 23:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 日誌

2015年12月22日

デウスエクスマキナ その2


21a.jpg


21b.jpg
博報堂コンテンツファン消費行動調査より


21c.jpg


21d.jpg
……まぁ、推論に過ぎないので…。
posted by 製作者 at 00:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 日誌

2015年12月14日

デウスエクスマキナ


14a.jpg

RX09.jpg
X2では自然の声と人々の祈りで奇跡が起こって勝利。


RX10.jpg
X3ではすっかり知恵と勇気を忘れて命を投げ出すエックス。
ゲームでは続編が出るごとに何事もなかったように成長がリセットされるので、
漫画にするのは難しいみたいです。


14b.jpg

14c.jpg

今回はコスプレもなくてホントすいません…。
posted by 製作者 at 22:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 日誌

2015年12月07日

ロックマンX その2


07a.jpg

07b.jpg

RX01.jpg
体の色を変色させるカメレオン型の敵に対して…

RX02.jpg

RX03.jpg
熱センサーで追尾してくる敵には…

RX04.jpg


RX05.jpg


07C.jpg

RX06.jpg
圧倒的な実力差のあるイグリードは『知恵と勇気』を弱者の杖と言うが

RX07.jpg
なんだかんだで知恵と勇気で勝利する。

RX08.jpg


07d.jpg
posted by 製作者 at 23:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 日誌

2015年11月30日

ロックマンX その1


30a.jpg


30b.jpg
復刻版はやたら分厚い…。

RX01.jpg
故障したレプリロイド(ロボット)を倒すのがエックスの仕事。

RX02.jpg
だが、同じレプリロイドを破壊することにためらってしまうエックス

RX03.jpg
やたらカッコいい先輩や


RX04.jpg

RX05.jpg
やたらカッコいいたちとの戦いでエックスが成長していく物語。


30c.jpg

来週に続きます。
posted by 製作者 at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日誌

2015年11月23日

2015年11月17日

お経の意味とか


16a.jpg


16b.jpg


16c.jpg
※ちなみにチベット仏教では問答によって経典の理解を深めるという修業もあるので、
すべての仏教において経典の意味を問わないということではないです。

16d.jpg
posted by 製作者 at 01:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 日誌

2015年11月09日

ガラスの仮面のこととか


「ガラスの仮面」みたいに、
主人公が天才型、ライバルが秀才型、
というのが多い気がします。

Posted by COSMOS



09a.jpg


09b.jpg



09c.jpg
岡ひろみ(エースをねらえ)もテニスへの情熱がすごかったですね。
posted by 製作者 at 23:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 日誌

2015年11月03日

ピケティと梶原一騎 その3


02a.jpg


02b.jpg


02c.jpg
なんかうまくまとまらなかった感…。
posted by 製作者 at 00:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 日誌

2015年10月26日

ピケティと梶原一騎 その2


26a.jpg
アタックNo.1

26b.jpg
判事や検事になれるのは30歳、年収5万フランの弁護士には50歳でなれたら、と言う仮定。
もちろん目指せば誰でもなれるわけではない上に、それまでにかかるコストも膨大なため
金持ちとの結婚が一番現実的で利益が大きいという考え方。


何でもするためには、お金が必要なんですが
貧乏人は最初のお金がないので、後が続かないってのがあると思ってます…

Posted by おひ☆



26c.jpg
BS1スペシャル「大越健介 メジャーリーグをゆく〜知られざるアメリカの素顔」より。

26d.jpg
と、続きます。

posted by 製作者 at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日誌

2015年10月19日

ピケティと梶原一騎 その1


19a.jpg


19b.jpg


19c.jpg


rg.jpg
ざっくり言うと、黒がお金持ちの成長、白が全体の成長。
2度の世界大戦によって資産が失われた後の短い期間だけ
労働によってお金持ちになれる人がたくさんいたと言うこと。


19d.jpg
参照 トマ・ピケティ.21世紀の資本,2014

続きます。
posted by 製作者 at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日誌