2016年02月23日

マシュマロテストの再考察 その2


22a.jpg


22b.jpg


22c.jpg
プロ野球のデータは2015年の日本出身の支配下選手の人数です。
また、学業のデータは一橋大学大学院の川口大司教授の報告からです。
posted by 製作者 at 00:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 日誌
この記事へのコメント
じゃあ前頭前野に事故などで傷を負った方は・・・?
Posted by COSMOS at 2016年02月24日 00:00
月単位の年齢差!なるほど、たかが半年でも5歳児なら人生の一割
子供を対象にした調査の場合、見過ごせない差異になりますね
実際、小学生低学年ではこの数か月の差がとても大きくて
同じ学年・年齢でも能力にかなり差が出るとか・・
教師も理解の早い子の方をより構うので4月生まれの子は勉強が進み
数か月のスタートラインの差が後々大きな成長差となって現れるそうな

つまり秋冬生まれの子は欧米で育てれば良いスタート位置につけるってことですね!
Posted by letraicy at 2016年02月24日 13:11
急な出張でコメント出来ませんでした。
やはり据え膳食わぬはおじさんじゃないって
ことなのですね
Posted by あおによし(一時間まえに連絡) at 2016年02月29日 22:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174168729

この記事へのトラックバック