2016年01月11日

火垂るの墓における断章取義


11a.jpg


11b.jpg
戦時中に家の人がみんな国のために働いてるのに
居候の身でありながら一銭も払わずにごろごろしてる主人公は逆にすごいんじゃないかと思えてきます。


11c.jpg


11d.jpg

今回は大いに遅れてしまい申し訳ないです。
一応続きます。
posted by 製作者 at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日誌
この記事へのコメント
自分に都合よく考えることは得意です
Posted by あおによし(若くて可愛い子は皆、おじさんが好き) at 2016年01月15日 00:26
本当は幸せの青い鳥は
幸せは身近にあるものではないって話を思い出しました
Posted by クオ at 2016年01月18日 13:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171745180

この記事へのトラックバック